屋根工事

一番高いところで住まいを守る!
<屋根工事>

屋根の耐久性は、永久に持つわけではありません。
雨や風・紫外線などの外的刺激に長い間さらされることで、いつかは破損・ズレ・塗膜の剥がれ・サビ・浮きが生じます。

耐久期間は、10年~数十年と、さまざま。
日本瓦・セメント瓦・スレート・ガルバリウム銅板などの種類により、メンテナンス方法もそれぞれ違うため、屋根材とその劣化状況に応じた屋根工事が必要になります。



屋根の種類と特徴

▼ 和瓦
日本の風土にぴったり合う和瓦は何といっても、50年以上の長い耐久性が魅力。
和モダンデザインが人気の現代建築において、また需要が増え続けています。
陶器のため、火や突風にも負けない強度と、塗り替え不要の高いメンテナンス性が一番のメリットと言えるでしょう。

▼ 洋瓦
和瓦と同じ陶器で、同じ性質を持っていますが、違いは長方形の洋風様式であるということ。
和瓦が広まったため、洋風住宅でも瓦が多く採用されるようになりました。
屋根材の中では最も高価格ですが、その分、耐久性・デザイン性ともに優れています。

▼ スレート屋根(別名:カラーベスト・コロニアル)
日本の屋根材として、シェアを伸ばしているのが化粧スレート。
セメントと繊維を混ぜ、厚さ5mmに成型されています。
加工しやすく軽量で、多くの新興住宅で採用されています。
約10年に一度の塗装メンテナンスが必要ですが、お好みの色に塗り替えれば、葺き替えなどの大きな工事をすることなくイメージチェンジが可能です。

▼ 金属屋根(ガルバリウム銅板)
金属の板を、屋根の形状に合わせて加工して作られている、金属屋根。
一番の特徴は、軽くて加工がしやすいところ。
カラーバリエーション・素材など豊富に揃っていますので、建物の用途やご予算に合わせて、それぞれ選ぶことができます。



屋根工事のことなら、亀岡市の野々口工務店
【直通】 080-1454-9837 / 9:00~19:00・日曜定休
【メール】 こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【対応エリア】 亀岡を中心とした京都府下でフットワーク軽くお伺いします!

内装リフォーム≫ 水回りリフォーム≫ 外構リフォーム≫ 雨漏り修理≫ 屋根工事≫ 増改築・新築工事≫

一覧に戻る

▲TOPへ